大人の味!?お酒入りお菓子・デザートのレシピまとめ

お酒入りのお菓子。

コニャックやラムが入ったお菓子などが有名ですが、お酒を入れたお菓子・デザートは意外とあり、バリエーションも広いです。

そこで今回は、少し奇をてらったとても美味しいお酒入りのお菓子、デザートのレシピを紹介します。お酒を入れると簡単に「大人の味」になるため、お酒好きな方はもちろん、アルコールの苦味が苦手な方も、ぜひチェックしてみましょう。

お酒入りのお菓子・デザート

1 カルアミルクババロア(ゼリー)

カルーアコーヒーリキュールを使ってミルクゼリーを作ることで、お酒入りのゼリーが簡単に作ることができます。

特に、「香り」が絶品であり、通常のゼリーにはないような「大人」なイメージを演出します。カルーアコーヒーリキュールも甘めであるため、とても食べやすいことも特徴です。

【材料】
☆カルーアコーヒーリキュール 100cc
☆牛乳 200cc
☆熱湯 50cc
☆ゼラチン 5g
☆メイプルシロップ 大さじ2~3

【作り方】
①熱湯にゼラチンを入れ溶かし、メイプルシロップを入れ混ぜる
②カルーアコーヒーリキュール・牛乳を①にいれ、良くかき混ぜる
③器に入れ、冷蔵庫で一晩寝かせて完成!

karu-a

2 チョコレートボンボン(グラスタイプ)

イメージとしては、「氷」の型でチョコレートを作ることで、チョコレートの内部に空洞を作り、そこにアルコールを入れることができます。

お弁当用のキャップ(クッキングパパではお弁当用のキャップを使用していました。)・星型やハート型の製氷キットを使用することで、様々な「氷」の型を作ることができるため、とてもオシャレなチョコレートボンボンを簡単に作ることができます。

【材料】
☆チョコレート 適量
☆洋酒
☆氷の型(お弁当用のキャップ、100均で売っているような製氷キット)

【作り方】
①氷の「型」を作る
②氷の型に、湯せんしたチョコレートをコーティングする
③爪楊枝などで宙吊りにし、中の氷を溶かす
④氷が溶けたら中に洋酒を詰め、爪楊枝の穴をふさぎ、冷蔵庫へ。

3 カルーア・アイス

カルーアコーヒーリキュールをミルクアイスに合わせることで、「アルコール入りアイス」を作ることができます。

今回では、カルーアコーヒーリキュールのみであると「食感・苦味」が多いため、ココナッツミルク・溶かしたタイ米を加えることで、東南アジア風に仕上げました。

カルーア・ココナッツ・お米と奇をてらったレシピではありますが、タイ米がアイスのまろやかな食感・ココナッツがカルーアとマッチしてとても美味しいです。

【材料】
☆タイ米 1カップ
☆ココナッツミルク 100cc
☆牛乳 50cc
☆カルーアコーヒーリキュール 50cc

☆砂糖 大さじ4
☆塩 ひとつまみ
☆ゼラチン 5g
☆お湯 大さじ2

【作り方】
①タイ米を一度茹でドロドロにし、ざるにあける
②ココナッツミルク・牛乳・砂糖・塩を入れ、ひと煮たち。
③お湯でといたゼラチン・①・カルーアを②に入れ、よく混ぜる
④冷ましたら型に入れ、冷凍庫へ。

まとめ

1 カルアミルクババロア
2 チョコレートボンボン(グラスタイプ)
3 カルアミルクアイス

これらはどれも難しくなく、簡単に「大人の味」を出すことが出来ます。また、通常のお酒よりも苦さが控えめであるため、普段お酒を好まない方でも美味しく食べることが出来ます。ぜひ試してみて下さい。

【追伸】
これらは意外とアルコール分が高いため、食べすぎには注意してください。

 

★料理名・材料などで検索♪★
・料理 → 唐揚げ、ポテトサラダ、チーズケーキなど
・食材 → 鶏胸肉、なす、キャベツなど
・その他→ スーパーのセール品や冷蔵庫の残り食材など(笑)

料理名・材料などで検索♪


関連記事